審査

クレジットカードの審査に落ちたときにまず確認すべき3つの大事なこと

「今回はご希望に添えず誠に申し訳ありません。なお、審査の内容につきましてはお答え致しかねます。」

作れると思って申し込んだクレジットカードの審査に落ちるとかなりショックですよね。
なぜ審査に落ちたのかはクレジットカード会社の機密事項のため教えてくれることはないので、色々と原因を考えてしまいがち。
そこで、今回はクレジットカードの審査に落ちた際に、次の申し込みでは審査に通るために確認しておきたい事項をまとめてみました。


申し込み資格がない

当たり前な話ですがクレジットカードにはカード毎に申し込み資格が設けられています。
一般的なノーマルカードであっても、最低限「高校生を除く18歳以上で安定した収入のある方、もしくはその配偶者」といった感じであるので、この申し込み資格に該当しなければ審査に通ることはないでしょう。
どんなに高収入の上場企業役員であっても学生用カードは審査落ちするということです。

信用情報に傷がついている

クレジットカードは信用に基づいて発行されるため、まず信用情報機関に対して信用情報の照会を行います。この信用情報が宜しくないと発行が見送られることになるのです。
信用情報は各社で共有しているため、クレジットカードを申し込んだクレジットカード会社では遅延・滞納が無かったとしても他社であったり、携帯電話やスマホの料金などでも遅延があると信用情報に傷がつく形になります。

ステータスの高いクレジットカードを申し込んでいる。

同じクレジットカード会社のカードでも、ノーマルカードから、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと順にステータスが上がり審査の難易度も上がっていきます。
また、カードのよっても審査に通りやすいカードもあれば、アメックスやダイナースクラブのように独自審査に重点をおいているカードは難易度が高いと言えるでしょう。
この場合は、クレジットカードの審査が優しいカードを申し込んでみるのが良いと思います。

-審査
-,