基礎知識

個人の信用情報はどこが管理しているの?CICやJICCとは

支払を延滞したり、個人破産など債務整理をされた方はもちろんのこと、金融事故のない一般の方も個人の信用情報はどこが管理しているのは気になるところですよね。クレジットカードの審査・発行に関係する個人信用情報の管理機関はCIC、JICC、KSCと3つありますので、整理して確認しておきましょう。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

CICとは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関で、昭和59年にクレジットカード会社の共同出資によって設立されました。

すべてのクレジットカード会社がCICに加盟しているのと、割賦販売を行う携帯電話会社や消費者金融などの金融機関も加盟しています。クレジットカード発行時の審査にはCICの情報が活用されます。

CICの公式サイトはこちら


株式会社日本情報信用機構(JICC)

JICCは、消費者金融やクレジットカード会社などで貸金業を中心に加盟しており、個人の信用情報について管理しています。

クレジットカードであってもキャッシング機能が付いているものは貸金にあたるため、JICCの情報を利用します。

JICCの公式サイトはこちら

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

KSCは、全銀協とも呼ばれ一般社団法人全国銀行協会が運営している信用情報機関で銀行は主な加盟会社になります。

銀行が発行するクレジットカードなどの審査時にはKSCの情報が利用されます。

KSCの公式サイトはこちら

-基礎知識
-, , , , ,